梅を見る, たこめし – 2021年2月20日

普段どおりの時間に目が覚めてしまって積んであった本や雑誌を読んだ。

気温も上がってきて、いい天気だったので電車に少しだけ乗って郊外の公園へ散歩しにいった。梅園があり様々な梅が植樹されていてちょうど咲き頃の花で満開だった。多少人はいたけれども公園自体が広いので人との間隔も十分取れてゆっくり過ごせた。梅の種類、意外と多いもんだなと思いながら小一時間散策して帰宅した。

公園の梅も開花していていた

晩ごはんに近所の魚屋さんでゆでダコを買い求めてたこめしを作った。作り方はシンプルで普通のご飯を炊くときの水加減に下のものを加えて調理した。

  • 材料
    • 2合分のお米
    • たこ。ご飯と一緒に食べるため口に含んだときにいい塩梅になりそうな大きさに切ったもの
    • 生姜1かけを千切りにする
    • 出汁用昆布 長さにして5-10cm分くらい
  • 調味料
    • 醤油 大さじ2
    • みりん 大さじ1

あとは炊くだけ。シンプルで美味しくできた。水加減は少し少なめでもよかったかもしれない。もう少し多めに作っておにぎりにして翌日に持ち越してもよかったなと思ったりと大体料理をした後に反省点が出てくる。次に活かそう。

石見焼のすり鉢の勧め – 2021年2月17日

自宅で料理をするときにすり鉢があると便利だなと思い、先日ネットショップで購入した。石見焼という島根県西部で作られる焼き物。粘土の粘り気が非常に強く高温に耐えられることからすり鉢などの硬さを求める焼き物に適しているとのことらしい。

底にシリコンが付いていて滑りにくいし、鉢につけられている櫛目がポイントの様でとてもすりやすい。この櫛目、手作業でつけられているということを知って驚いた。器自体の色も「青なまこ」という色のものを求めたのだけれども、とても素敵な色で大変気に入っている。すり鉢で白和えを作ったりしたときに器としてそのまま使ってもよい色。

あと、小さなおろし器も併せて購入した。力を入れなくても面白いくらいにすれるのでとてもお薦め。しょうがだったりにんにくが面白い様にすれる。そのまま食卓に出しても違和感ないのですりたての薬味を楽しめる。

ということで、なかなか「すり鉢買うぞ」という機会は少ないかもしれないですが、すり鉢買うぞ。という気になったときには石見焼きがお薦めですというお話でした。

非日常が起きた翌日の安住紳一郎の日曜天国 – 2021年2月14日

昨夜、宮城・福島であった震度6強の地震があったときに都内も比較的長い時間揺れたりしていたところもあって状況を把握したりしながら過ごしていると2時くらいになっていた。テレビ、ラジオから入る情報も少し気分が安定しない要因になりそうな気がしたので最近聴いていなかったポッドキャストを消化しながら眠りについた。

午前中はいつもどおり安住紳一郎の日曜天国を聴いて過ごしていた。この番組、前日だったりに少し非日常的なニュースがあったときにいつも安住アナはその話題を触れつつ少しずつもとに生活のテンポを戻していきましょうという番組進行をされている様な気がして、今日も流れた選曲だったり投稿されたメールの選択だったりを考えられてされたのではないかなと思った。後半のトークのテンポがオープニングトークのテンションのそれとは大きく違って見事だった。

晩ごはんにカレーを作った。情熱大陸のYouTubeを観ていて紹介されていたやり方で作ってみた。満足。

徒然日記 – 2021年2月6日

午前中に通院のため外出。電車に乗る必要があって乗ったが多少人出は落ち着いている印象だった。病院で昨今の状況下における事情も改めて伺うとなおなかなか厳しい状況が続いているのだなと思った。あと地域差が同じ東京都の中でも濃淡激しい印象。

晩ごはんに蒸し鍋を作る。
蒸し鍋とてもかんたんで野菜を切って鶏肉などを加えとにかく蒸すだけ。自分は土鍋を求めたときに蒸し器(土鍋の上に重ねて置けるもの)が付いてきたのでそれを使っているのだけれども土鍋に水を張って後は火にかけひたすら加熱し蒸気を出し続ければよい。根菜類などが美味しく頂ける。一番火が通りにくいそういったものに串などを刺して通る様になれば完成。工夫しどころとしてはいただく際のタレ類をポン酢以外にマヨネーズ醤油だったりいくつか種類を用意すると面白い。
あと、締めに蒸気を発生させるために張ったお湯を使って雑炊を作ると美味しい。とても満足なのだけれども春までにあと何回できるかな。

徒然日記 – 2021年2月2日

朝、ものすごい勢いの雨が降っていてその音で目が覚めた。これはとても散歩にいけないなと思っていると段々止んできて10時くらいにはすっかり青空も出てきた。とはいえ仕事を開始する時間なので今日は散歩はお休みにした。

仕事外のところで最近いろいろと思うところもあり、散歩がいい切り替えになってた気もするのだけれども今日はそれが無く、少しモードを切り替えるのに失敗したなと思いつつも次第点は出せる一日だった。

晩ごはんを食べて、先日から読み始めた日本習合論の続きを読む。

徒然日記 – 2021年1月26日

7時過ぎに散歩へ。一時期の寒さと比べると幾分緩んだ気がするのだけれども気のせいだろうか。日が高くなるのも早くなってきた。毎日歩いているとなんとなくこうした小さな変化にも気付ける。

クローズアップ現代でやっていたスマホマネー革命という企画の中で、個人融資のLINE Pocket moneyの与信評価にLINEメッセージのやり取りの頻度だったり返信までの時間だったりをパラメータに使っているという話があってなるほど感あった。具体的なメッセージの内容ではなく定量値でこういったモデルが作れるのは面白いなと思った。