徒然日記 – 2021年1月6日

寝る前に考え事をしたらまるでタイマーをかけたかの様に2時間おきに目が覚めてしまい流石に眠かったが朝散歩。最近すれ違う人が別に言葉を交わしたりした訳ではないが顔なじみの人になった気がする。朝は大体同じ時間に人が行き来してる。

自社以外の方とのオンラインミーティングも戻り始めていくつかこなしていったのだけれども、まだ仕事初めの週ということもあってか少し疲れたので早めに仕事を終了。

森岡毅さんの新刊を読みつつ一日終了。

徒然日記 – 2020年1月5日

今朝も7時過ぎに散歩へ。radikoで4日のFUTURESを聴きながら歩いた。新年を迎えての落合陽一さんの話、面白かった。

仕事を終えて日報に書いたトピックが「図示」の話だったのだけれども、晩ごはん食べ終えて眺めてたnewspicksでも似たトピックで記事が上がっていた。自分はここまで体系立てて書けなかったけれども。

文中である通り

注意してほしいのは、図を完成させるのが目的ではないことです。図を描きながら思考を深め、抽象度を高め、本質的に重要なものを切り取ろうとする、そのプロセスが最も大事なのです。

ここ本当に取り違えると意味が無いのでくれぐれも気をつけたいところ。プレゼンテーションの資料作りであったとしても目的は資料を作ることではなく、それらを見る人との脳内同期を図り、自身が考えてきたプロセスと結果を資料を見る人とシェアすることにある。

またプレゼンテーション目的じゃなくても誰かに説明するつもりになって図を描いていくと、結果して自身の思考整理できるので、仕事だったりで複数の事象が絡んでいたりしたものを整理するときには図を活用するのが本当によい。

もし、「いや、こういう図にまとめるのが苦手で...」という人がいたら、ミーティングだったり仕事をするときに自由にかける紙を手元に置くのをお薦めしてる。キーワードを書き起こしてそれを四角で囲んで矢印で結びつけていくみたいなことをしながら思考整理していくと整理できることも多い。あと、直近はなかなか人が集まって会議室でミーティングをするという機会も少ないかも知れないけれども、ホワイトボードで議事録を取るみたいなシチュエーションがあったときに積極的にその役割を果たしていくとリアルタイムにその場にいる人の脳内同期を図りながらまとめていく一番よいトレーニングなのでチャレンジしていくのをお薦め。

徒然日記 – 2021年1月4日

本日から仕事初め。といっても帰省もしていないしお正月も3日で終わりというところで、例年の年末年始とは違う感じを受けたのだけれども自分だけだろうか。

朝の散歩、今年も継続しようと思って7時に家を出発。さすがに寒い。

毎週月曜日に開かれているミーティングをこなしつつ、夕方からはグループ全体の新年会(といってもオンラインだが)を経て21年の仕事初め終わり。

徒然日記 – 2020年12月30日

お昼から外に散歩へ。神社だったりが散歩する先に2箇所くらいあるのだけれども、新年を迎える準備がされていた。ただ、手水舎は利用禁止だったり並ぶときに間隔を取りやすい仕組みが整えられつつある様に見えて、コロナ禍における対策を取りつつ如何に行事を遂行するかというところを模索している感があった。

お店は既にお休みに入っているところもちらほらあったり逆に人が花や正月飾りを求めて買い物しているのを横目で見つつ散歩を一通りして帰宅した。

正月飾り
街で見かけた正月飾り

年末総会 – 2020年12月28日

仕事納めということで例年は全社員集まっての年末総会が行われ、そこから社員旅行というのが恒例なのだけれども昨今の事情もあって年末総会のオンライン開催となった。

2部構成になっていて前半は事業報告、来期方針を各事業部から発表し全社方針も示され、後半は全員に郵送された食事を取りながらクイズ大会のオリエンテーションという構成。自分も管掌している事業部の報告と方針を発表させていただいた。

四半期毎に行われる全社の報告会はZoomで各所から繋ぐ形で運営されているのだけれども、今回は本気のスタジオからZoomで配信する構成になっていて、配信の起点となるのも赤坂のスタジオはグリーンバックのスクリーンが準備されていて、スタジオで映したものがCGで合成される形になっていた。

自分の事業報告も準備していたスライドがCGで作られた空間上に浮かんでいてそこで話をするという過去経験したことがない発表の仕方だったので斬新だった。前半の内容は社外に出せないのでスクリーンショットなどを貼れないのだけれども、イメージとしてはテレビ番組で見るニュース番組や選挙特番みたいな感じというとわかりやすいだろうか。客観的に自分がどの様に写っているかを見ることができるモニターがあったにはあったのだけど、まったく見る余裕がなかったのだけれども、これも慣れなんだろうな。

自分は発表側だったので資料の準備だったり当日の発表くらいだったのだけれども、当日までの運営準備や資料の校正やデザイン調整に携われた皆様に感謝。


徒然日記 – 2020年12月27日

午前中は今年最後の安住紳一郎の日曜天国を聞いた。毎年恒例のケンイチロウくんへの電話があった。当時小学校5年生から14年間、毎年年末に電話をするというのが継続していてリスナーは親戚の子供の話を聞いているかの様な気持ちになる。今年、自衛隊に入り陸上自衛隊幹部候補生学校に在籍しているとのことで時は流れる。電話の後に流れた竹内まりやの人生の扉がとてもよかった。

午後から買い物をしたり、考え事をしながら散歩をしたりしていると日が暮れた。考え事がありすぎて歩きすぎて気づいたら歩数が1万歩を超えていた。

帰宅して晩ごはんを作って一日終わり。

徒然日記 – 2020年12月26日

午前中は通院の付添。利用したのは下り電車だったのだけれども上り方面のホームを見ると人が多い。やはりどうしても人は動くのだなと思いながら電車を見送った。事後で知ることだけれども東京都の新型コロナの新規感染者数が949名ということで、これはそうなるよな。と思う。

必要な買い物だったりや諸々の用事も午前中に一気に完了してしまい、昼から時間ができたので手帳の整理をしたり本を読んだりをしていた。読み始めたのは両利きの経営―「二兎を追う」戦略が未来を切り拓くという本で企業活動における「探索」と「深化」という両軸を如何にバランスを取りながらすすめていくかという内容で事例が多くて読みやすい。更に読み進める。

年末の片付け, ALL ABOUT TOSHIO SUZUKI 読了 – 2020年12月25日

今朝も変わらず散歩する。少し寒さが和らいだ感じがする。だけど週明けから寒波到来とのことで寒くなるんだろうな。

営業日も残り2日ということで会議や打ち合わせも少なく、issueの棚卸しやメールボックスの整理などをしていた。いつもだと職場の机の周りを片付けたりするのだけれども、フリーアドレス化されたり在宅勤務も併用できる状態になったところもあって、このあたりも一年で様変わりした感がある。

鈴木敏夫さんの仕事をまとめた図録、ALL ABOUT TOSHIO SUZUKI を読了。ボリュームがものすごくある本だったけれども読み応え、見応えある一冊だった。

朝の散歩の累積距離が700Kmを超えた – 2020年12月24日

前回500Kmを超えたと記録したのが10月16日だったので69日で700Kmを超えたのかと気づいた。(なぜ600Kmでなく700Kmかというとたまたま気づいただけの理由である)

MiBandの電池を切らしたり、iPhoneとMiBandのペアリングがうまくいかなかったりもあったので散歩したすべての日を記録できている訳ではないけれども続けるとそこそこの距離になるものだなと改めて思ったりしていた。ちなみに700Kmという距離は東京から岡山の手前くらいまでの距離の様だ。

出社をする日以外、在宅で仕事をする日は必ず散歩するというのを続けられたのは、朝起きて、多少雑でも身支度整えたらとにかく家を出て歩くというのをルーチンにできたのがよかった。