徒然日記 – 2021年4月17日

家の片付けをしていると社会人になってしばらくしたときに買って数回遊んだだけで箱にしまったままになっていたPlayStation2とソフトが数本出てきたのでリサイクルショップへ下取りに出した。メルカリなどで売ってみてもよいのだけれども結果的に拘束される時間であったり発送を考えたときに最短になる方をいつも選んでしまう。(歩いて行ける距離にそういった施設があるというのも大きいと思うが)
結果、ハードウェアより一緒に持っていったソフトの方が意外と高く買い取られて少し面白かった。

"徒然日記 – 2021年4月17日" の続きを読む

GitHub Actionsのステータスバッジを表示する (バッジのマークアップを取得する)

README.md にGitHub Actionsのステータスバッジを貼りたいと思ったときのどこからのバッジは得られるんだと調べたのでメモとして残しておく。

"GitHub Actionsのステータスバッジを表示する (バッジのマークアップを取得する)" の続きを読む

唐揚げ6個 – 2021年4月12日

録画していたズームバックオチアイ - 大回復 グレートリカバリー (2)「会社論」を見た。持続可能性世界一になったソニーが取り上げられていたのだけれども、番組中に挙げられていた "結局、全部愉快" という一言にまとめらている気がした。

晩ごはんに唐揚げを6個も食べてしまった。胃もたれ。

徒然日記 – 2021年4月11日

朝から所用があったため早く目が覚める。そのまま続けて所用をあれやこれやと対応していると12時くらいまでに大抵の用事を終えてしまい、まだ一日これだけ残っているのかと思ってしまった。

午後から気分転換と運動兼ねて自転車で12Kmくらい走る。調子に乗って遠出してしまったのだけれども、これはもうしかすると明後日くらいに筋肉痛が来るかも知れない。

読んでいた「マーケターのように生きろ」を読了。

前回書いたのはいつだっけ – 2021年3月20日

1行でもいいから毎日書こうと毎回思えどブログ更新するのが続けられていないのは人生N回目の反省ポイントなのではあるのだけれども、2003年ぐらいからはじめて18年くらいは経過している訳で、これはこれで褒めていいのかも知れないと思うなど。

"前回書いたのはいつだっけ – 2021年3月20日" の続きを読む

日本習合論読了 – 2021年3月14日

午前中はいつも通り安住紳一郎の日曜天国を聴く。オープニングトークが卒業をテーマにしていてお約束の「大地讃頌」の話を聞いて笑っていた。

先月から読み続けていた日本習合論読了。
冒頭の一文。「混ざる」というキーワードをたまたま定期的に行っている自身が携わっている事業部の共有会で発表したことがあって、そのときの発表の後に同僚にこういった本があるとお勧めしてもらって読み始めたのだった。

養老孟司先生によると、日本列島には三次にわたって別の土地からの集団移住があったそうですが、この三つの集団のすべてのDNAが現代日本人には残っているそうです。ということは、かつて外見も違う、言葉も通じない、生活文化も違う異族同士が遭遇したときに、彼らは殲滅でも、奴隷化でも、逃亡でもなく、「混ざる」ことを選んだということです。

内田樹. 日本習合論 (Japanese Edition) (Kindle の位置No.28-31). Kindle 版.

終盤の一文。一見両立しないことを両立させるために「混ざる」ことだったり、新たに見つけ得ることができると自分も考えているので腑に落ちた。こういったことを「豊穣性」と表すのは的確だと思った。

両立しえないものをなんとか両立させようとじたばたするときに、思いがけない解が見つかる(ことがある)。僕が習合の豊穣性を信じるのはそういう経験的確信があるからです。

内田樹. 日本習合論 (Japanese Edition) (Kindle の位置No.3550-3552). Kindle 版.

徒然日記 – 2021年3月13日

天気予報を気にして割には午前中の雨がそこまででなく、恐らく大丈夫だろうということで通院のため中央線を使って移動をした。ところが昼過ぎから雨が段々激しくなり春雷が鳴り響き、そして中央線が止まってしまい普段では考えられない様な時間をかけて帰宅した。

すっかり疲れ切ってしまう一日になってしまった。

桜, Slack APIの仕様変更に対応 – 2021年2月27日

通院の付添のためいつもの時間に起床した。午前中の東京は晴れていはいるのだけれども、とても北風が強く外を歩いたときの体感気温はとても低い感じがした。移動中は先日読み始めた決済サービスとキャッシュレス社会の本質を読み進めた。

帰宅してから一息ついていろいろ考え事をしたかったので再び散歩に出た。普段と違う路地に入ってみると畑のそばで恐らく河津桜と思われる桜の木が1本満開になっていた。ひょんなところで満開になっているものだけれども地主の人が植えたのだろうか。昨年、来年の桜の咲くころにはこの状況もまた変わっているだろうかと思っていたのだけれども、そのためにはもう少々時間が必要そうだ。

河津桜の様にみえたのだけれどもあっていたのだろうか

散歩を終えたからは自作のSlack眺めるくんを手入れしていた。SlackのAPIの一部が統合されるのに伴って利用不可になる予告が昨年出ていたのだけれどもまったく気づいておらずAPIを呼び出してレスポンスに返ってきたAPIドキュメントへのURLを読んで知ったのであった。

徒然日記 – 2021年2月24日

今日は6時30分過ぎに目が覚めたので7時頃に散歩へ。再び朝の空気が冬に戻った感があるのだけれども、これもそのうち段々春めいてくるのかなと思いながら歩いた。朝日の昇る位置が明らかに変わってきてちょうど毎朝歩く道が東西に伸びているのだけれどもちょうど道の端から朝日が昇る感じになってきた。

最近お昼ごはんに春雨ヌードルばかり食べているのだけれども意外と十分足りる様になってきた。