PUSHERを使ってWebsocket経由のPush通知を行ってみる

Websocket周りを使ってみたいと思っていろいろ試行錯誤をしていたのですが、PUSHERというAPIサービスを利用すると思いの外容易にWebsocketを既存のWebサービスに使えそうなので使ってみました。
(激しい一週遅れ感がありますが…。)

例えば既存のWebアプリにpush実装を行いたいために、通常は稼働中のWebサービスとは別にWebsocketサーバの実装が必要となるのですが、PUSHERを利用するとPush通知を行う部分(Websocketサーバ→ブラウザ間)の実装を代替させることができます。
Push通知を行わせたい部分でWeb側の実装でPUSHERAPIを叩くことで、ブラウザへのWebsocketを通したPushを行わせることができるイメージになっています。
Websocketの接続数が最大20までで1日あたりのメッセージ発行数が10万回以内であれば無料で利用することができます。

f:id:hideack:20120129160326p:image

利用方法

1. アカウントを作成する(無償)

PUSHER(http://pusher.com/ ) のトップページでアカウントが作成できるのでアカウントを作成します。(メールアドレスが必要)

f:id:hideack:20120129151530j:image

2. APIキーを取得する

アカウントを作成するとAPIを利用するためのAPIキーが1つ表示されるので、表示されているアプリケーションID(app_id), APIアクセス用のkeyとtokenを控えます。

3. クライアント側の実装 (Webサーバから渡されるHTMLの実装)

Webアプリ側がWebsocketを通じたPush通知を受けるための実装を行います。
サンプルは、先程のAPIキーが表示される画面(API access)の中段に"Pastable HTML code"として例が掲載されているので、参考にして既存のWebアプリに組み込みます。(PUSHERの動作を確認したければ、そのままコピーすればOK)
以下の様な具合。

<html><head>
  <title>Pusher Test</title>
  <script src="http://js.pusher.com/1.11/pusher.min.js" type="text/javascript"></script>
  <script type="text/javascript">
    // Enable pusher logging - don't include this in production
    Pusher.log = function(message) {
      if (window.console && window.console.log) window.console.log(message);
    };
    // Flash fallback logging - don't include this in production
    WEB_SOCKET_DEBUG = true;
    var pusher = new Pusher('****'); // ←API取得時に控えたAPI keyを書く。
    var channel = pusher.subscribe('test_channel');
    channel.bind('test_event', function(data) {
      alert(data);
    });
  </script></head><body>
<p>pusher API test</p></body></html>

4. Push通知側の実装

Push通知側の実装(=PUSHERのREST APIを叩く)は、PUSHERでRESTのAPIを叩くためのライブラリ(http://pusher.com/docs/rest_libraries ) が各種言語用に用意されているので、これを利用すれば簡単に実装することができます。
以下、RubyPHPの場合の例。
PHPの場合は、

<?php
require('../lib/php/Pusher.php');
require('pusher-setting.php');          // pusher settings
$pusher = new Pusher(PUSHER_KEY, PUSHER_SECRET, PUSHER_APPID);
$pusher->trigger('test_channel', 'test_event', 'hello pussher!!');
printf("trigger called.");

Rubyの場合は、

require 'rubygems'
require 'pusher'
require 'eventmachine'
require 'em-http-request'
require './pusher-setting.rb'
Pusher.app_id = PUSHER_APPID
Pusher.key = PUSHER_ID
Pusher.secret = PUSHER_SECRET
EM.run {
deferrable = Pusher['test_channel'].trigger_async('test_event', 'Hello, pussher!! via Ruby')
deferrable.callback {
puts "success!"
EM.stop
}
deferrable.errback { |error|
puts error
EM.stop
}
}

となりますね。

5. 動作確認

3.で作成したHTMLをブラウザで読み込んだ状態で、4.で作成したPush通知(呼び出し側)のプログラムを実行すると、
f:id:hideack:20120129155411p:image

といった具合でPush通知されるのが確認できると思います。

6. APIの利用状況の確認

PUSHERにログインすればAPIの呼び出し状況を確認可能です。
f:id:hideack:20120129160518p:image

なかなか簡単に利用することができるので、早速試してみたいな…。

(Visited 197 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です