比較三原則(再掲)

以前書いたみうらじゅんの比較三原則の再掲。

  • 自分を親と比べない
  • 自分を友達・知人と比べない
  • 自分を過去の自分と比べない

過去と他人は変えられないものなのに比べてしまい、比べなければ楽なのに比べてしまって、しんどくなる。
だから、「比較」という相対ではなく、対象を自分自身とした絶対で考える。絶対で考えて唯一変えることができる自分自身の将来や姿勢をどう改めていくように心がけていくのが大事。

一方で自身が取り組んでいる事業、または対象を小さくして消費行動においては比較を当然するだろうし、するべきものだと思う。あくまでも「自分との比較」の話。

と、改めて自戒のため再掲として書いてみた。難しいのだけど。みうらじゅん出演の録画したタモリ倶楽部を観つつ。

2020年7月26日 – 徒然日記

先日までとは、うってかわって眠りが低空飛行で夢をすぐ見てしまってまったく休めた感じが無かった。妙な夢だった。
お昼前に買い物ののため外に出る。珍しく晴れ間が見てたのだけれども見えたのはこの間だけですぐに雲が出てきた。人間とは勝手なもので雨が降らなければ降らないで物を申すし、困ったものだと思いながら買い物を済ませた。今年、初めて蝉の声を聞いた。まだ小さい音だけれどもあと1,2週間もすれば、大きな音に変わっていくのだろう。

先日からプロフェッショナル経営参謀という本を読みつつ考え事をしているといつのまにか日中の時間は過ぎて夕方になっていたので夕食に冷や汁を作成した。とはいっても、焼いた鯵を使う本格的なものではなく、缶詰の水煮缶のサバを利用するレシピであるがこれでも楽しめた。ポイントは味噌を火で炙ったものを利用することの様だ。

昼顔 – 2020年7月25日

午前中は通院のために外出した。雨と雨の間をくぐり抜ける様にして病院へ向かった。考え事というかいろいろと思うことがあったのでぼんやりと歩いてしまった。

昨日散歩の途中に撮影した一枚。ひるがお、あまり子供の頃は見なかった気がしたのだけれども意外と植え込みであったりに自生していることに気づいたのだけれども、これは意識が植え込みだったりの付近のことに向いていなかったことが理由だろうな。

昼顔
昼顔

2020年7月24日 – 徒然日記

漂流者の生きかたを読了。中庸だったり鬱への肯定というか光あれば影が必ずあるという話が興味深かった。単にポジティブであることがよい訳ではないし一方で逆のみといのもいかがなものと思うし、両方を行き来しながら自身の中で信としたものを他者と比べること無く考えていくことが大切だなと改めて思う。

お昼ごはんにナポリタンを作り、しばらく料理できていなかったのですっきりした。ソーセージ、人参、玉ねぎ、しめじを入れた。土井善晴先生の言を守りケチャップを焼く。多少焦げると慌ててしまうことがあったんだけど過剰な焦げじゃない限りにおいてそれはコクだったりの素になるというのが最近やっとわかって気がする。これはナポリタン作りに問わずすべての料理を作ることに共通することだけれども。

午後から散歩。少し長めに5Km程度歩く。気温はそこまで高くないけれども湿度が高い。
そういえば昨夜は2日間連続でいろいろあったため疲れが溜まっていたのか久しぶりに熟睡できた。睡眠が深すぎて寝たらすぐに起きたくらいの感覚になってきちんと寝たんだよなと不安になって時計を見ると時間は過ぎていたし手につけたMiBandで計測された睡眠スコアは初の99を示していた。

MiFitの睡眠スコア初の99

毎朝散歩している – 徒然日記

リモートワークが自分のワークスタイルの中で半年過ぎたことになるのだけれども、こうやって働き方が変わっていく中で続けていることに朝の時間、近所を散歩するというのがある。

モチベーションとしては通勤する時間が大幅に減ったため、そもそも自宅から駅までであったりだとか駅からオフィスまでとそれなりの距離を階段を昇ったり下ったりを含めてもそこそこの距離を歩いていたわけだけれどもそれが無くなったので意図的に歩かねばと思い立ったときから、ほぼ毎日朝散歩する様にした。家の近所で朝の時間であればほぼ人が密になっていることはないし、そもそもそこまで人とすれ違うこともないルートも開拓していった感がある。Mi Band4を使っているので記録をつけているのでその累計を見てみるとおおよそ散歩を始めてから累計で296Km、ほぼ300Kmくらい歩いていることになりそこそこの距離になっていてびっくりした。もっとも毎日45分〜1時間程度なので3.5Kmくらいは歩いているので累積すればそのくらいになりそうなのだけれども。

歩いている間はポッドキャストの番組を聞いたりAmazon Musicの音楽を聞いたり、あとは普通に考え事をする時間に当てたりして歩きつつできることをしている。考え事はちょうどそれをまとめるにちょうどいいくらいの時間な気がしていて朝歩いて頭の中に整理したものを始業とともに一気にnotionだったりSlackだったり自分の手帳だったりに書き出すといったフローが構築できつつあって、これはこれでよい時間だなと思ったりしている。電車通勤しているときは、その時間が本を読むだったりするのに最適な時間だったのだけど、その使い方が変わった感じがする。

MiBandのiPhoneアプリの表示
296Kmも歩いてた

2020年7月19日 – 徒然日記

昨日の反動か遅くに起きてそのまま安住紳一郎の日曜天国を聞いて過ごす。安住アナ、昨日からずっと働いているなと全く会ったこともない人のことを心配をしてしまう。巻爪の治療の話、痛そうだった。

お昼ごはんに昨日のカレーの残りを利用してカレーうどんを作った。白いTシャツを着てしまっていて、作成するところから食べ終わるところまでにカレーの汁を飛沫させること無くやりきれるかというささやかなチャレンジに試みてみたが無事チャレンジ完遂した。ゆっくりすれば大丈夫なもんだな。

町を歩いて、縄のれん (集英社文庫)の続きを読み、夕方には読了。新しく、漂流者の生きかたを読み始めた。この本は対談であるものの五木寛之の本、大学生の頃に読んだ大河の一滴以来である。

徒然日記

明け方の気温が低くなったりするためか早くに目が覚めてしまった。起きてすることもないのでポッドキャストを聞いたりして寝たまま過ごす。そういえばポッドキャストをiPhoneで聞くのにアップリの公式のものであったりサードパーティのものであったりをいろいろ試していたのだけれども3月に出ていたiOS版のGoogle Podcastsがとても使い勝手がよくすっかり気に入ってしまった。

お昼ごはんにチャーハンを作り、雨も降り続けるので本を読んでいた。居酒屋道楽 (河出文庫)を読了。テレビ番組のそれと同じくリラックスして読めるし、今は難しいけれども居酒屋でお酒を再び呑める日が楽しみになった。

徒然日記

雨が続くため朝のお散歩はお休み。さすがに強めの雨だと傘をさしつつ小一時間歩くのは辛い。近所のコンビニで買い物をして終わる。

金曜日なので来週に向けての仕事の整理だったりに時間を多めに使い、夜は上半期お疲れ様会(オンライン)が実施されたので参加した。オンタイムで参加した際に若手エンジニア1名という状態でこのままではサシ飲みだと思ったがその後人も増えてわいわいしながら金曜日の夜はふけていった。家にあるお酒をビール、焼酎のソーダ割り、日本酒と端から呑んでいったため、終わった頃にはいい塩梅に酔いが回っていた。

トラックボール, 太田和彦さん – 徒然日記

仕事で利用するマウスにトラックボールを利用する様になって1週間経たないくらいなのだけれども、まだ少し慣れない。親指でボールを操作するタイプのものを選んだのだけれども細かい操作がまだおぼつかない感じがある。一方、マウスほど机のスペースを使わないのはとても精神衛生上よく、空中に浮かせてマウスを動かす様なこともなくなりこのあたりは良さそうである。ひたすら慣れるべく今日も親指で操作を頑張った。ちなみにトラックボールといえばLet's noteを思い浮かべるのだけれども一体この話どの世代まで通用するのだと調べてみたら大分限られそうな気がしてきた。

最近、ふとケーブルテレビで放送されていた「太田和彦のふらり旅 新・居酒屋百選」という番組を見る様になって太田和彦さんの著書や過去出演されたメディアを漁る様に見聞きする様になった。
自分の性格なのだが興味を持った人物や対象があるととことん調べたりしてしまう癖があり、あれこれ見てしまう。

著者 : 太田和彦
河出書房新社
発売日 : 2020-05-07

あとポッドキャストも探したところ、いまは終わってしまったがTokyo FMで以前放送されていたSUNTORY SATURDAY WAITING BAR AVANTIに出演された際の回が見つかったので聞いてみたりしていた。バーの話興味深かった。今度はジントニックから頼んでみよう。