インストール

開発環境を入れる。組み込み向けのもの。
無償で提供されていることに驚きつつも、ありがたく使わせてもらう。VS2005からは組み込み向けの環境も統一されたようだが。
ダウンロードしたファイルを解凍*1した後、実行するインストーラーは日本語フォルダ名の上で実行するとエラーになる*2のでc:\tmp等で実行する必要がある。

eMbedded Visual C++ 4.0 ダウンロード
eMbedded Visual C++ 4.0 SP4(日本語版)

*1:この言い方って古いのだろうか。やっぱりみんな展開って言ってる気がする。

*2:なので、デスクトップの上で一時的に作業するのもNG

No visits yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です