2021年7月に読んだ本を振り返る

2021年7月は10冊。

米海軍で屈指の潜水艦艦長による「最強組織」の作り方」タイトルがかなりインパクトあるので勝手に思い込んでしまう絶対的な恐怖政治的なトップダウンの組織の話とは全く反対で如何に権限委譲であったり、リーダーシップとは何であるかを書かれており、(自分ができているかは棚に上げて)そうなんだよなとうなずくことが多い本だった。

いくつか抜粋。

"2021年7月に読んだ本を振り返る" の続きを読む

Google Colaboratory (Colab) でProphetを利用する

突発的に投下されるtipsエントリー。

何らかの時系列データが手元にあるときに先々の予測を行う際に使えるツールとして、Facebookが開発した時系列予測のオープンソースソフトウェア(OSS)ライブラリProphetがあります。

以前書いたエントリーの「Prophetを触ってみる」においてはpyenvとpipを利用して手元のMacなどの環境に直接入れるやり方だったのですが、今回はGoogle Colaboratoryを利用するやり方になります。

"Google Colaboratory (Colab) でProphetを利用する" の続きを読む

調べて書く – 2021年6月23日

朝起きてスマホに届いたニュースに驚いた。

ジャーナリストで多くのルポタージュ出版されている立花隆さんの訃報だった。

"調べて書く – 2021年6月23日" の続きを読む

散歩, トランジスタの仕組み – 2021年6月6日

散歩のときに撮影した空の写真です。
空が広い

午後から雨がやんだので散歩をした。新しい散歩コースを開拓すべく普段朝歩いているところとは違うところを歩いてみたところ途中で野球の練習をしている一団を見つけてしまってしばらく立ち止まって眺めていた。
普段とは違う道を歩き、ここの路地は通れるのだろうかと、googleマップなども見ずおおよその方向感覚で歩いてみると抜け道になっているかと思ったところが工事で通れなかったりそもそもフェンスが張ってあったりとスムーズにはいかず思いがけず普段より多く歩いた。

"散歩, トランジスタの仕組み – 2021年6月6日" の続きを読む

2021年5月に読んだ本を振り返る

5月は4冊。週に1冊くらいのペース。
ペースが遅いがプライベートも含めかなり慌ただしい1ヶ月だったのでやむなしか。

爆速成長マネジメント、マネジメントに関する各トピックに関して章立てで、また実際のそのトピックに関してスタートアップであったりを経験してきたCEOにインタビューする形でまとめられている。部分的にでも参考にできるところを取り入れていきたいなと思いながら読んでいた。

太田和彦さんの著作2冊。太田和彦さんのエッセイはペースが保たれていていいなと思いながら読み進める。仕事の取り組み方の考え方だったり習慣の作り方、普段の生活に対する姿勢だったりが自分もそうありたいなと思うものばかりだった。あと、居酒屋探訪家でもある氏の本なので、どうしても読み進めるうちにお酒が呑みたくなる。居酒屋に行きたくなる。こちらはもう少し辛抱。


徒然日記 – 2021年5月31日

気づくと5月が終わっていた。
弱い男 (星海社新書)」読了。ヤクルトスワローズの監督だった野村克也監督が亡くなる直前に行われていたインタビューをまとめた一冊。著書いくつか読んだことがあったけれども少し色合いが違う、静かにご自身の人生を振り返られた一冊になっていた。

「弱さ」を抱え続けてきた人間だからこその「強さ」がにじみ出る野村克也のラストメッセージ「弱さ」を抱え続けてきた人間だからこその「強さ」がにじみ出る野村克也のラストメッセージ

という一文が紹介にあったのだけれども本当にそうだった。

徒然日記 – 2021年5月7日

眠りが浅く、夜中に何度か起きてしまったのもあって15分くらい起床が遅くなりつつもそのまま散歩へ。散歩を続けてわかったのは起きて間をあまりあけずとにかく外に出てしまえば歩かざるを得なくなり、散歩は続けられるという事実であった。いつもどおり小一時間歩いて終了。

上の連載を読んでいるのだけれども今回の記事にあった「プレゼンはプレゼント」、名言だなと思った。

徒然日記 – 2021年5月5日

午前中に日用品の買い物に行く。風が強くて飛ばされそうなくらい。
お昼ごはんにマルタイラーメンを作って食べた。少しだけ野菜炒めを作って作ったラーメンに乗せた。久しぶりに食べたのだけれども、しみじみ美味しかった。揚げ麺じゃないところが味の優しさにつながっているのだろうか。

お昼ごはんはマルタイラーメン。先日写真撮っていたのであった。