自分用のGoogle MeetのURLを単語登録しておくと便利

もっとも “/call”, “/zoom” でもいいんだけれども。という話。

Slackでコミュニケーションを取っていて話の流れ上、これはもう直接Meetとかで話したほうが早いねという流れになったとき、すぐにMeetを開ける様に自分専用のMeetのURLを設けておき、そのURLを日本語入力の単語登録しておくと便利な気がしていて最近使っている。自分専用のMeetのURLはGoogleカレンダーなどから繰り返し予定でも作っておけば取得できるのでそれを登録している。(単発の予定で発行されるMeetのURLってどのくらい永続性あるんだろう)

もっとも冒頭で書いたとおりSlackで備えられているコマンドを使う方法、Slack callでも十分だったりするんだけれども、普段Meetを使うことが多い(基本は社内でもMeetを使うことになっている)ので使い慣れているというところだったりというのと、Slack上のコミュニケーションの継続性というところがモチベーション。

2020年9月24日追記

MeetのURLが持つ有効期限の規則を教えていただいた。なるほど。

No visits yet

徒然日記 – 2020年9月22日

昨日から引き続き、今週あるミーティングに備えて資料作成業。「学習効率を最大化させる勉強法は人に教えることである」という話があるが、自身が説明の立場に立つミーティングの際の資料を可能な限り自分で作成する様にしているのは、自分自身が他人に説明できるくらいになっていないと自分が考えていることが伝えられないとおもっているというところもある。もっとも資料を作ることが目的になるのは最悪なので気をつけないといけない。自分は “資料を作成すること = 脳内を整理すること” と位置づけているので目的の大半は資料を作ることではない。

一通り資料を作ったらお昼を過ぎていたので、午後からは「ソニー 盛田昭夫―――“時代の才能”を本気にさせたリーダー」を読んでいた。井深大さんの本は読んだことがあったのだけれども、盛田昭夫さんの関連本はまだ読んだことがなかった。夕方まで本を読みつつ時間を過ごして4連休が終わっていく。

(Visited 2 times, 1 visits today)

キバナコスモス, 資料作成, 手帳のカバーを変えた – 2020年9月21日

朝、散歩。すっかり温度が下がってTシャツだと歩き始めたときは肌寒い感じがするが1Kmも歩くとちょうどよくなってくる。歩いているときにフェンス越しにコスモスの様な花が見えるのだけれどもおなじみの薄紅ではなくて鮮やかなオレンジ色をしていて、これは何という品種なんだろうと思って調べてみたところ、文字通りの「キバナコスモス」というのを知った。学名もCosmos sulphureus、英名もorange cosmosでそのままであった。暑さに強いという特徴がある様で育てやすいとのこと。昨今の夏の酷暑の気候もあってこういった品種のほうが強かったりするのだろうか。

散歩から戻って今週入用の資料を作成していた。例によって資料を作りながら頭の中を整理しつつメモを作りつつ、なんとか夕方には完成した。明日も引き続き校正するのと頭の中を整理する。

そういえば、バイブルサイズの手帳を使っているのだけれどもある程度リング経が大きいものを使おうと思ったときに一度見つけた薄いビニール状の表紙・裏表紙で構成されている手帳カバーを使っていたのだけれどもだんだん薄汚れてきたところもあったのとリング経もう少し大きいほうが自分は使いやすいので、いっそ革製のものを使うおうと思い購入した。ちょっと全く馴染んでないのだけれどもそのうち馴染んでいくだろう。

キバナコスモスが緑色の網状のフェンスから抜けて咲いている写真
コスモスに似ている花だなと思って調べたら「キバナコスモス」というらしい
No visits yet

今週気になったニュース(2020年38週)

毎日いろいろな自分が関わっている業界のニュースを見聞きしたり眺めているなかで気になったものをブックマークしていったりしているのだけれども、別の形でサマリを作るのもよいかもしれないと思ってきたのでまずはURLを貼り付けるだけでもやってみようと思う。

ニュースはすべて新しいものとは限らず過去のものでもこの週に見つけたものは入れている。


7月の記事だけれども見逃していた。自分が書くと多少ポジショントーク感が出てしまって嫌なのだけれども「性別や年代を問わず当たり前に利用するチャネルとして定着しつつある。」という評はそのとおりではないかと思う。

もっとも海外都市部での生活費と日本では金額感が違うので報奨金を出してでも地方からのリモート勤務を促進させたほうがよいのだろう。

toB向けのターゲットであってもショーケース的な実店舗を設けて支援すると同時に商材補充配送の拠点にするみたいなケース増えるのだろうか。

No visits yet

徒然日記 – 2020年9月19日

午前中は通院の付添のため外出。夏の気温ではさすがになくなってきたが、まだ動くと少し蒸す感じもなくはない。東京方面に向かう中央線の乗客が多い。また道路も見ると直近の週末に比べると多い感じがする。東京発着のGoToキャンペーンが解禁された影響もあるのだろうか。

帰宅後、一気に疲れが出たのか床に横になり気づいたら寝ていた。

No visits yet

Miband4のアクティビティトラッカーがすぐ切れる – 2020年9月17日

朝散歩を相変わらず続けていてMiband4のアクティビティトラッカーで散歩をしている間の歩数だったり心拍数を、より精度高く記録していたのだけれども、直近何をトリガーにしてかわからないけれども800m程度歩くと「スマホとの接続が切れました」という表示が出てトラッカーが停止してしまう。といっても、スマホとMiband4のBluetoothの接続ができなくなっている訳でもなく、スマホに届く通知はMibandに問題なく届いていて、はてはてどうしたものかというのがここ数日続いている。Miband自体の再起動をしてみたりといくつか試したのだけれども改善せず。似た症状の人がいないかなと調べてみたのだけどすぐに見つからなかった。ペアリングできてない状態ならわかるのだが、そこが問題ではなさそうだし。アップデート等を待つと改善したりするものだろうか。

お昼ごはんにセブンイレブンのレンジで温めるタイプのラーメンを食べる。意外とこのタイプのラーメン美味しい。

お昼を挟み、大きめの機能リリースが一通り終わって、まずは一段落と安心した瞬間、肩が回らなくなってきて腰痛も遠くに来ている感じがしたので少し早く退勤して肩甲骨マッサージへ。やはり在宅勤務もあって座っている時間が長くなっているケースもあって負荷が大きいのか似た様な症状の人が稀に居られるとのことだった。雑談していたら途中で寝落ちしてしまっていた。終わる頃には肩が大分楽になっていた。可動域を施術前後で測るのだけれども目に見えて変化していて面白い。(自分の場合、背中で手の左右の指先を触れることが普通はできず10〜14cmくらい離れるのだけれども、施術が終わったあとはほぼ触れられるくらいに可動域が広がる)

【追記】2020年9月20日

もしかしてと思い、Mi Fitのアクティビティを開始した際に表示される「ウォーキングの設定」から「画面をオンに保つ」の設定を入れ、常に画面を表示させた状態にしておくと接続が切れる症状が起きなくなったが根本解決にはまだ至っていない。

No visits yet

徒然日記 – 2020年9月13日

7時前後に目が覚めたので昨日は雨で行けなかった散歩に行く。平日と違ってランナーの方が多い。

今日、ドライブイン探訪 (単行本)を読み始めた。この本の著者である橋本倫史さんが以前安住紳一郎の日曜天国に出演された際に面白そうなノンフィクションだなと思って気になりつつそのままになっていたのであった。この手の本はKindleではなく紙で読みたいなと思い敢えて書籍版を購入した。少し読み進める。期待通りの内容であったので最後まで読むのが楽しみ。

晩ごはんはカレーを作る。自分で作るのは月1〜2回ペースなのだけれども毎回微妙に作り方を変えいろいろ試してみている。大したことではないのだけれども今日はナスを多く使い合い挽きのひき肉をあわせた。それ以外に野菜も人参、玉ねぎ、じゃがいも、ピーマン、生姜、にんにくなどを入れてみた。ひき肉と粗みじん状にした野菜を炒め合わせるとどう考えてもこれはまちがいなく美味しいでしょうという雰囲気が漂い、カレールーを入れる頃にはいい塩梅になっていた。焼酎のソーダ割りとともに頂いた。

散歩や皿洗いもそうなのだけれども無意識に、でもそれとなく集中を要する作業は気分転換にとてもよいと思ってる。

ノンフィクション ドライブイン探訪の書影
橋本倫史さんのノンフィクション「ドライブイン探訪」
No visits yet

SlackのEvent APIでプライベートチャンネル名を取得する – 2020年9月12日

午前中、ラジオ聴きつつ調べごとをしていた。昨夜放送分の問わず語りの神田伯山だったのだけれども痛快なくらいぶっちゃけていた。

スプレッドシートを眺めるなどしていたらあっという間に時間が過ぎてしまったので昼ごはんにチャーハンを作った。最近、チャーハンの卵の扱いを別途予め半熟状の炒り卵を作ってあとから混ぜる方式と、予め卵かけご飯状態にしたご飯を炒めていくやり方と交互に試しているのだけれども、たしかにパラッとするのは後者なのだけれどもどうしても自分のなかでのチャーハン像は前者なのでもう少し色々な作り方を研究してみねばと思っているんだけれども、間違いなくポイントは「焼く」ことなんだろうな。炒めることをしているときに弄り過ぎない、じっと待つことも大事。

盆栽ワークでSlack眺めるくん https://github.com/hideack/slack-cli-stream の修正。以前からSlackでのプライベートチャンネル名のみ取得できていなかったのでそれを取得できる様にしようと思いつつできていなかったのであった。プライベートチャンネル名はどこでとれるものかとリファレンスを調べた。

message.groups eventというのがあるので、そちらを使うとプライベートチャンネルのリストが取得できる。プライベートの場合にはgroupsなのか。(パブリックチャンネルの場合はそのまま message.channels event という名前もそのままである)

雑には以下の様な形で取得ができる。

No visits yet

働き方5.0 読了 – 2020年9月11日

働き方5.0: これからの世界をつくる仲間たちへ (小学館新書)を読了。

本文はもちろんだけれどもエピローグで書かれていた以下の一文が残った。

最初に述べたように、システムには「モチベーション」がありません。そこが人間との大きな違いです。だから、モチベーションのない人間は発達したコンピュータにいつか飲み込まれてしまう。逆に、「これがやりたい」というモチベーションのある人間は、コンピュータが手助けしてくれます。

落合陽一. 働き方5.0~これからの世界をつくる仲間たちへ~(小学館新書) (Japanese Edition) (Kindle の位置No.1979-1981). Kindle 版.

コロナによって価値観や働き方が変わったこの状況下で上で言われていることはまさにそうだなと思う。

No visits yet