2020年8月に読んだ本を振り返る

8月は夏休みもあったということでもう少し読めるかと思ったが結果8冊であった。終盤失速してしまった。散歩中に本を読めないものかとオーディオブックも考えてみて試してみたのだけれども、どうにも頭に入らなかったのでやはり時間を確保する必要があるのだろうかというあいかわらずの自問自答を未だにしている。

その仕事、全部やめてみよう 1%の本質をつかむ「シンプルな考え方」は読むにつれ共感できる箇所が多かった。

本書のタイトルは『その仕事、全部やめてみよう』だ。さまざまなことを述べてきたが、一番やめるべき仕事は、没頭できない仕事だ。

小野 和俊. その仕事、全部やめてみよう1%の本質をつかむ「シンプルな考え方」 (Japanese Edition) (Kindle の位置No.1811-1812). Kindle 版.

自分は没頭できる仕事に出会えて幸せだと思う。

8月に読んだ本 (8冊)

僕は君の「熱」に投資しよう――ベンチャーキャピタリストが挑発する7日間の特別講義

その仕事、全部やめてみよう 1%の本質をつかむ「シンプルな考え方」

林修の仕事原論 (青春新書インテリジェンス)

ニッポンぶらり旅 アゴの竹輪とドイツビール (集英社文庫)

外資系金融のExcel作成術: 表の見せ方&財務モデルの組み方

ニッポンぶらり旅 宇和島の鯛めしは生卵入りだった

イーロン・マスク 未来を創る男

プロフェッショナル経営参謀

No visits yet