気づいたら書いておく


仕事をしてる最中に「あ、これ気になるので伝えなきゃ」と思っていたことだったり、「このアイディアどうだろう」と頭に浮かぶことがあるのだけれども、今日、後にになって言っておけばよかったと振り返って気づくことがあった。

こういう話を人によっては「大事なことであれば頭に残るので残ってないということは大事なことじゃないということです」と解釈する人もいるかもしれないが、自分はまったくもって自身の記憶であったりだとかそういった能力を信じていないので、ひとまず書き出しておいてそこから取捨選択するほうが正解だと思っている。もうそのあたりの自身の記憶だったり学習能力に難があることは学生時代に十分知ったので社会人に入ってからの学生時代(小学生〜大学生)の16年と同じくらいの時間をかけて少しずつ補正できてきた様に思う。まだ全然足りないけれども。

自分はメモ帳に一度は書き出す様にしているし、少し中長期で気にする様なことは小さな付箋に書き出したりしている。もちろんやり方はひとそれぞれだと思うので何かしらのオンライン上のメモでもよいしgithubのissueでもよいと思うのだけれども、とにかく自分自身のアウトプットを増やすためにもスタックする領域は増やしておいた方がよいのではないかと思う。