クラスの作り方

ハードウェアの検証モデリングにRubyを利用してみた。
Rubyはprintfでのビット列での表示等でハードウェアモデリングに使うと便利な気がする。

value = 0xfa50
printf("%016b", value)    # 1111101001010000

あと、変数を_で区切って入れられるのも検証モデル作るときに便利。16進数文字列を4文字ずつで区切るときとか...

val = 0xffff_aaaa_5555_3333  # 0xffffaaaa55553333

なので、Rubyのクラスの作り方の復習。

class Car
attr_reader :oil
def initialize(oil)
@oil = oil
end
def charge(add_oil)
@oil += add_oil
end
end

そういえば、if文も if 〜 elsif 〜 end だし、VHDL書く人には自然かもしれない。

(Visited 2 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です