早稲田大学国際文学館 村上春樹ライブラリーに行った – 2023年5月4日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、3週間前に予約を入れていた早稲田大学の国際文学館(村上春樹ライブラリー)に向かった。早稲田大学のキャンパスは、数回訪れたことがあったが、10数年ぶりに敷地内に足を踏み入れることになった。前回訪れたときは、いくつか用件があってあまりゆっくりキャンパス内を見ることができなかったが、今日は散歩するようにゆっくり回った。広くて綺麗なキャンパスで、都心とは思えない素晴らしい環境だった。

元々の目的であった村上春樹ライブラリーは、隈研吾氏が設計した建物で、木材を生かしたデザインが周りのキャンパスの建造物と比較しても際立って美しかった。展示も所蔵の本から企画展示まで幅広く行われており、興味深かった。
見学した最後に建物の地下にあるカフェでコーヒーを飲み、隣にある村上春樹の書斎を再現した部屋がガラス越しに見ることができた。こういった場所で作品が生み出されるのだと思うと、興味深かった。(そして何故か、椅子が背もたれのないタイプだったことが印象に残った。)

晩ごはんには、沖縄料理を食べに行き、オリオンビールと泡盛で乾杯して、一日を終える。飲みすぎた。この連休、お酒飲みすぎ。

村上春樹ライブラリー外観(早稲田大学早稲田キャンパス4号館)

村上春樹ライブラリーの外観

(Visited 12 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*