Apple Watchで駅の改札を通過した後に電池が切れたときの対処方法 – 2022年1月3日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年末に実体験してやってしまった感あったのと、人生で今後もう一度くらいやってしまいそうなので記録としてのメモエントリ。

電車を降りて改札を抜けようとしたときにふと手元に目をやったときにApple Watchが電池切れの状態になっていたという経験をした。一時的にiPhoneに交通系ICカードを移し直すという手もあるそうなのだけれども時間的に急いでいてとにかく早く改札を抜けたいという場合はどうすればよいのか。

結論 「有人改札のところに行ってApple Watchの電池が切れたと伝え、駅員の方に乗車した区間を申し出た上、その区間の料金を現金で払う」 が、一番早く改札から抜けられると思う。その際併せてApple Watchに残っている入場記録を解除してもらうための用紙を駅員さんから頂けるので無くさない様に注意。Apple Watchを充電した後、再び有人改札にてその用紙を添えて申請して入場記録を解除してもらえればミッション完了。

Apple Watchはしっかり充電しましょう...。

(Visited 36 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*