mercurial – その1 MacPortsでインストール


仕事でソースコード管理はSubversionでもVSSでもなくて、CVSを使い続けているのだけど多少は違う形態のものも知っておかないといけないと思っていたので勉強としてmercurialを試すべく自宅PCへ導入をしたので、その際のメモ。

環境はMacOSX10.5 Leopardな訳で、MacPortsを使うとすぐインストールできると見聞きしたので、ターミナルから入力

/Users/hideack% sudo port install mercurial
Password:

      • > Building py25-bz2
      • > Staging py25-bz2 into destroot
      • > Installing py25-bz2 @2.5.4_0
      • > Activating py25-bz2 @2.5.4_0

(中略)

Error: Target org.macports.build returned: shell command ” cd “/opt/local/var/macports/build/_opt_local_var_macports_sources_rsync.macports.org_release_ports_python_py25-bz2/work/Python-2.5.4/Modules” && /opt/local/bin/python2.5 setup.py –no-user-cfg build ” returned error 1
Command output: usage: setup.py [global_opts] cmd1 [cmd1_opts] [cmd2 [cmd2_opts] …]
or: setup.py –help [cmd1 cmd2 …]
or: setup.py –help-commands
or: setup.py cmd –help

error: option –no-user-cfg not recognized

Error: The following dependencies failed to build: py25-bz2 py25-zlib
Error: Status 1 encountered during processing.

早速止まる。海外のユーザのTwitterの叫びを見つけて見るところ、”Pythonのバージョンが古いのが原因だ!”と一言書いてあったので、素直に信じて

/Users/hideack% sudo port upgrade python25

でアップグレードしてみるもNG。
ふと気づくと、どうもMacPortsで入れているPythonではなくて、/usr/binにあるPythonを参照してしまっているのが原因(?)の様だ。
/usr/bin/python を一旦リネームしてみると、

/% which python
/opt/local/bin/python

となって、Portsでいれた場合のパスになっている。
再度、mercurialMacPorts経由でインストールしてみる。

/Users/hideack% sudo port install mercurial
Password:

      • > Building py25-bz2
      • > Staging py25-bz2 into destroot

(中略)

無事終了。
確認してみる。

/Users/hideack% hg –version
Mercurial Distributed SCM (version 1.1.2)

Copyright (C) 2005-2008 Matt Mackall and others
This is free software; see the source for copying conditions. There is NO
warranty; not even for MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.

準備完了である。
さぁ、使ってみようかな…。