指定した容量のダミーファイルの作り方

ITmediaの記事より。
ネットワークの転送速度の評価やファイルへの加工処理を行うときに特定の大きさのダミーファイルが欲しいな。というとき、今までtarで固めたりしていたのですが、こんなときにはddコマンドを使うとよいみたいですね。
ddは決めたサイズでのコピーを行うためのコマンド。

# dd if=/dev/zero of=(ファイル名) bs=1024 count=1000

ここで、bsはブロックサイズ。countは1ブロックがいくつあるかを指す。
この場合だと1kbyteのファイルを作成することができる。と。
覚えておこう…。

(Visited 4 times, 1 visits today)

「指定した容量のダミーファイルの作り方」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です