“ゼロからトースターを作ってみた結果” という本を読んだ – 2022年5月21日

本日は散歩2.4Km、だんだん気温が高くなってくるなと思いつつ少し涼しい日には歩こうと思って外に出て歩いていると突然スコールの様な雨が降ってきた。東京地方、各所で今日はこんな天気だったらしい。こんな天気なので散歩の出先から戻るときには公共交通機関を使って戻る羽目になった。

家に戻って少し積まれ気味にあっていた本を一気に読んだ。
いくつかパラレルで読んでいたのだけれども「ゼロからトースターを作ってみた結果 (新潮文庫)」という本を書店の書棚で見つけてしまい思わず手に取って読んだ。

  • お店で売っているようなトースターを目指すこと
  • 原材料から制作すること
  • 産業革命以前の手法を用いること

という3つのルールで例えば鉄板が必要であれば鉄鉱石を求めるところから進めるというルールでチャレンジした過程が書かれている。最初、リバースエンジニアリングで非常に安価なトースターを分解し部品に分けるところから始まっていて、そこから最低限必要な部品を定めてプロジェクトが進行していくのだけれども、単純に原材料と学術的な生成プロセスがわかっていてもなかなか実現が難しいことにも直面しつつトースターを仕上げていく過程がとても面白かった。

個人で取り組むと「トースターをつくる」という行為も尋常じゃなく難しいということがこの本を読むと(そりゃそうだよなと思いつつ) わかるのだけれども、世の中の工業製品がなぜこの価格で提供できるのか?という新たな素朴な疑問も浮かんでくる。そこは個人が取り組む規模感ではない企業活動として取り組むことでスケールメリットを得て解決しているのだとは思うのだけれども、どことなく不思議な感覚になるのだった。

(Visited 2 times, 1 visits today)

寝違える – 2022年5月14日

昨日起きたときから「何か肩から首にかけて違和感あるな」と思いつつ過ごしていたところ今日の午後から徐々に痛みに変わり夜にはすっかり顔を右に向けたり上に上げたりみたいなことが難しくなり、あぁ、これは寝違えたのだなということに気づく。

続きを読む

(Visited 7 times, 1 visits today)

徒然日記 – 2022年5月8日

午前、午後気分転換で何度か散歩をして9.3Km。気づいたらそこそこ歩いていた。
散歩以外は今週使う資料を作っていたり、本を読んだり、ラジオを聞いたりを繰り返して過ごす。

Amazonで買った本が届いたので眺める。Kindleで本を購入することも多いのだけれども料理の本だったり、線を引きながら読みたい本は今でも冊子を求めることが多い。
届いたのは、「91歳のユーチューバー 後世に伝えたい! 家庭料理と人生のコツ」、料理の鉄人で活躍されていた和食の鉄人、道場六三郎さんのYouTubeで紹介されたレシピをまとめた書籍。レシピだけではなくてエッセイも含まれていて眺めているだけでも楽しい。何歳になっても探究心失わずに食材の組み合わせであったりにチャレンジし続けられているのは本当に素晴らしいと思う。

(Visited 3 times, 1 visits today)

モーター音 – 2022年5月7日

6時過ぎくらいには目が覚めた。季節の変わり目、眠りがどうしても浅くなってしまうのはなんとかならないものか。

家電が一斉に調子が悪くなり洗濯機や掃除機を買い替えたので午前中はその配送を待っていた。
新しい家電、テンション上がる。初めて掃除機、コードレスタイプでダイソンにしてみたのだけれども充電用に固定するプラスチックの基板を組み立てるのに苦労した以外は特に不満ない。唯一気になったのがプラスチックのケースに薄い縦に流線状の模様がついているのだけれども、それがプラスチック同士をはめ込む際に力を入れすぎてプラスチックが劣化した様に見えたくらい。こういう模様なのだと後で気づく。
初回の充電を終えた後に実際に使ってみた最初の感想は「モーター音が綺麗だな。」という不思議な感想だった。特にスイッチを切った後の減衰していくモーター音が特に気に入ったのだけれどもマニアック過ぎて誰も同意してくれない気がする。

午後から散歩、4.2Km歩く。東京地方雨が降るという予報だったので急ぎ目に家を出て歩いていたのだけれども一向に雨が降る気配はなく結局夕方を過ぎても降らなかった。この時期の天気、予報するの難しいのだろうなと思いつつ。

(Visited 6 times, 1 visits today)

2022年4月に読んだ本を振り返る

4月は14冊。
電車の中だったりの移動時間や、日常のちょっとした空き時間であったりで本を読むことができた。このサイクルを継続していきたい。

無印良品計画会長 松井忠三さんの著書、「覚悟さえ決めれば、たいていのことはできる」。タイトルだけみると精神論が説かれている様に見えてしまうのだけれども中身はすごくロジカルでマネジメントに関して具体的な経験や経験から導かれた原則に基づいて章立てられていて参考になるところが多かった。これからマネジメントにチャレンジする人にお勧めする本にしてみようかなと思っている。

また、同じ様な方向で「プロフェッショナルマネジャーの仕事はたった1つ」も読了。著者がビジネススクールで講義されている内容を質疑応答も含めてまとめられた本でこちらもマネージャーが果たすべき目標達成のために組織を動かすにあたって必要な著者が定義する「配るマネジメント」をキーにまとめられていて良書でこちらもお勧めしたくなったのと、耳が痛い内容がいくつかあった。

どうしても直近の業務に寄った本を読むことが増えてきたのだけど、たまには技術書も少し読みたいと思う。


2022年4月に読んだ本

2022年の読書記録

(Visited 26 times, 1 visits today)

徒然日記 – 2022年4月30日

気づけば4月も終わる。散歩は午前中に4.9Km、空は晴れてとても気持ちが良くて気温は暑すぎず散歩するには最適な天候だった。続けて図書館に行って本を眺めて数冊借りて帰宅する。

そのまま自宅で借りてきた「渋沢栄一伝:道理に欠けず、正義に外れず」を読む。文体が商工会議所が発行している出版物の連載だったらしく、文章がとても柔らかく教科書調で読みやすかったのだけれど、一方眠くなってしまって途中で昼寝を挟みつつ読んだ。この感覚、学生の頃の授業中の様で懐かしかった。

晩ごはんにお味噌汁と卵焼きときんぴらごぼう、あと小松菜のナムルを作って一日を終えた。

(Visited 4 times, 1 visits today)

徒然日記 – 2022年4月23日

午前中は通院。そのまま昼ごはんに寄ったファミリーレストランで座ったテーブルの隣に座っていたおじいさんが二人、世間話をしていて聞いていると「最近飲んだハイボールというお酒が美味しかったんだが、あれはどうやって作るんだ?」という話をしていてほっこりした。おじいさん、普段焼酎のお湯割りしか飲まないらしい。

午後は1時間程度歩いて、散歩距離6.2Km、昼間気温が27度くらいまで上がったこともあって歩くと汗ばむ天気だった。

今日の移動中であったり読んでいた家飲み大全 (だいわ文庫)(太田和彦)読了。テレビ番組の新・居酒屋百選で太田和彦さんを知り、すっかりファンとなり、その後出版されている書籍で書かれる文体好きですっかりファンになってしまった。晩酌の流儀、自分は全くこだわりない呑み方をしているので年齢重ねるに連れてもう少しこだわり持っていきたい...。

(Visited 5 times, 1 visits today)

徒然日記 – 2022年4月10日

一昨日もしっかり寝ることができてなかった感じだったので熟睡して起きた。起きると同時にApple watchに睡眠がしっかりとれたことを褒められる。午前中に散歩4.7Km、どんどん気温が上がってきて軽く汗をかいてしまったが影に入ると涼しくていい季節になった。

お昼ごはんにキャベツとしらすを使ったパスタを作った。気候は初夏感あるけれども季節上は春なのでメニューもそれっぽく。オリーブオイルを多めに投入し、にんにくで香りを出して、ざく切りしたキャベツを入れて塩と黒胡椒で整えて更にしらすとキノコを数種類入れて作るお手軽パスタなのだけれどもとても美味しくできたので満足。

午後からは本を3冊読み進める。メンタルタフネスに関して少し興味があったので下の本を読んでみた。自分の場合、散歩が内省したり気持ちを落ち着けたりするのによい時間になっているのだろうな。

(Visited 4 times, 1 visits today)

透明な螺旋読了 – 2022年4月2日

春眠の季節なのに今ひとつ眠りが浅くて1時過ぎに寝て5時過ぎに目が覚めてしまった。2度寝しようと思ったのだけれども寝付けないので諦めて起きた。

午前中は外に出る予定があったので外出。寒の戻りが何回目だろうかと思うくらいに冷えた中を歩いた。もうコートだったりをクリーニングに出したのに。と思っている人が必ずいそうだな。(普段使っているお店で3月中に出すと割引があったりしたので、自分たちも大分暖かくなったからという理由で一部出していたのであった。)

外に出た帰りに本屋に寄った。普段はKindleでダウンロードして書籍を読むことが多くなったのだけれども、前書いたとおり本屋の書棚を眺めたり、ピックアップして陳列されている本の島を見て回ると普段気づかない本に出会えたりするので意図的に時々立ち寄ったりする様にしている。以前から購入しようとしていて購入し忘れていた東野圭吾の「透明な螺旋」と他数冊買い求めて帰宅。
作業をしながら読み進めていったら止まらなくなってしまって一気に読んでしまい読了。
容疑者Xの献身と同じ様な読後感があるのだけれども、この結末で誰か救われたのだろうかという筋書きだったのとタイトルの意味が読み終えたときにわかる作品だった。ただ哀しさだけが残る。物理学と絡めたトリックがあったりしたこれまでのガリレオシリーズとは大きく違うので賛否両論ありそうだけれども個人的にはシリーズの1作として成立したのではないかと思った。

著者 : 東野圭吾
文藝春秋
発売日 : 2021-09-03