2024年6月に読んだ本を振り返る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2024年6月は4冊。体調が悪いのかと思うくらい読めていなかったのだけど、思い返すと通勤中の車内で寝てしまっていたり、動画見たりしていたことが多かった気がしてきた。反省。

崖っぷちだったアメリカ任天堂を復活させた男」より。

リーダーは組織と深く関わることで、みんなを停滞させている問題を見つけてチームの心をつかまなければならないものの、なかなか時間をかけてこれに取り組もうとしない。私は「前線」に立つリーダーシップの力を信じている。自分の指揮命令系統を超えて、会社の各部署にこうしたリーダーシップを波及させなければならない。そこから生まれた洞察力は、オペレーションを簡素化して収益と利益を促す大きな力を持つ。

レジー・フィサメィ. 崖っぷちだったアメリカ任天堂を復活させた男 (p.126). Kindle 版.

リーダー論、キャリア形成論としてこの本はおもしろかった。あと任天堂という会社がやっぱりおもしろいなとおもうと同時にもう一度、岩田さん: 岩田聡はこんなことを話していた。 (ほぼ日ブックス)を読み直したくなった。この本で出てくるエピソードから一層興味を持ってきた。

2024年6月に読んだ本

(Visited 5 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*