CIをGitHub Actionsに移行した

Slack眺めるくんこと https://github.com/hideack/slack-cli-stream で書いているささやかなテストをCircle CIで動かしていたのだけれども、社内や自分が携わっている事業部でGitHub Actionsが活用されているのを横目で見ていたので、どんな形で動くのかくらいわかりたいなと思っていたので少し試してみた。

導入はシンプルにできてリポジトリにあるActionsのタブ (今回だと現在のリポジトリの状況に応じてある程度Workflowがレコメンドされるのでそこから "Set up this worklfow" を選択するとGitHub Actions設定用のYAMLの編集になるのでそれをコミットするだけで完了した。

リポジトリページのタブにあるActionsを選択するとこの様な形でレコメンドされる

実際にGitHub Actionsを通して今回のリポジトリに設けてあるmochaでテストを走らせることはできたのだけれども、手元やCircle CIで通っていた一部のテストが落ちてしまった。はて、これは原因何だろうかと見ていく上で、そもそも落ちているテストを確認すると文字色を変えるためのキャラクターコードが想定どおり出力されているかを確認しているものであった。

ターミナルのセッティングとかそのあたりに依存するのだろうかと思い、いくつかこのあたりのキーワードを元に色々と調べていると以下のコミュニティーの議論に到着した。mochaを実行する際に--colors というオプションを与えることで解決できた。

無事、テストがパスする様になったことを確認してmasterにマージしてGitHub Actionsデビュー第一歩を踏み出した。

(Visited 14 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です