徒然日記 – 2021年5月31日

気づくと5月が終わっていた。
弱い男 (星海社新書)」読了。ヤクルトスワローズの監督だった野村克也監督が亡くなる直前に行われていたインタビューをまとめた一冊。著書いくつか読んだことがあったけれども少し色合いが違う、静かにご自身の人生を振り返られた一冊になっていた。

「弱さ」を抱え続けてきた人間だからこその「強さ」がにじみ出る野村克也のラストメッセージ「弱さ」を抱え続けてきた人間だからこその「強さ」がにじみ出る野村克也のラストメッセージ

という一文が紹介にあったのだけれども本当にそうだった。

徒然日記 – 2021年5月7日

眠りが浅く、夜中に何度か起きてしまったのもあって15分くらい起床が遅くなりつつもそのまま散歩へ。散歩を続けてわかったのは起きて間をあまりあけずとにかく外に出てしまえば歩かざるを得なくなり、散歩は続けられるという事実であった。いつもどおり小一時間歩いて終了。

上の連載を読んでいるのだけれども今回の記事にあった「プレゼンはプレゼント」、名言だなと思った。

徒然日記 – 2021年5月5日

午前中に日用品の買い物に行く。風が強くて飛ばされそうなくらい。
お昼ごはんにマルタイラーメンを作って食べた。少しだけ野菜炒めを作って作ったラーメンに乗せた。久しぶりに食べたのだけれども、しみじみ美味しかった。揚げ麺じゃないところが味の優しさにつながっているのだろうか。

お昼ごはんはマルタイラーメン。先日写真撮っていたのであった。

徒然日記 – 2021年5月4日

午前中、粗大ごみをいくつか出す。近日引っ越しをする予定でそれに伴って片付けをしているのだけれど、この際だからということでいくらかものを減らしていっているのだけれども、そうこうしているうちに運ぶものが少しだけ減った。
休憩中に直近テレビ番組だったり、著作だったりをよく読んでいる太田和彦さんのアートディレクションの仕事について何かないかと調べていると、ほぼ日刊イトイ新聞に記事が載っていたので読み進めた。資生堂とその宣伝部の歴史に驚いた。

午後から散歩、今日も1万歩以上歩いた。

徒然日記 – 2021年5月3日

普段より少し遅めに起きて、午前中は散歩。いまの時期の散歩が一番気持ちが良い。湿度低いし気温は高すぎないし。
太田和彦の70歳、これからは湯豆腐——私の方丈記や、元中日監督 落合博満の戦士の食卓を読む。戦士の食卓は、昨夜、鈴木敏夫のジブリ汗まみれで出版にあわせて落合福嗣さんがゲスト出演していたのを聞いたばかりだったのでとてもおもしろく読めた。ラジオの前編、既にPodcast配信されているのでぜひ聞いてもらいたい。