2枚アルバムを買った。iTunesのダウンロードと実際にお店で買った物と一枚ずつ。
お店で買ったのはこちら。

自己ベスト-2

自己ベスト-2

iTunesで買ったのはこちら。

君を好きだったあの頃

君を好きだったあの頃

これはカバーアルバム。最近、カバーアルバムが多くていろいろ意見もあるが、わたしはこれはこれで好きだ。
あくまでも一個人の意見。歌力(うたぢから)が無い歌手だと決してカバーアルバムは作れない。
このアルバムに収められている「優しい雨」を聴くと、オトコ3人で大学の食堂の窓際の席に座って、食堂の無料のお茶を飲みながらわたしが帰省した際に買ってきた「ういろう」を食べながらしみじみ過ごした妙に不思議な時間を思い出す。
優しい雨はもともと小泉今日子の曲だ。
何故か大学の食堂。
何故かお茶。
そして、何故かういろう。
今となっては妙にいい思い出。
誰もいなくなった食堂に小泉今日子の歌声が流れていた。
何を話す訳でもなく、外を見ながらとりとめなく雑談した記憶。これはこれでもの凄く貴重な時間だったのかもしれない。
三者三様、違うところで過ごしてるけど、今一緒に逢ってこの曲聴いたらみんな思い出すだろうか。

運命なんて口にするのなら、抱きしめて連れ去ってよ。
わたしの全てに目をそらさないで。始まってしまったから。
こんなに普通な毎日の中で、出会ってしまった二人。
雨が止む前に抱きしめ合えたら、あなたについて行く。始まってしまったから。

改めて歌詞を見ると、切なさの極みですな。
あと、アルバムの中には"渡良瀬橋"も収められている。Aメロを歌うときの河口恭吾のファルセットがよい。

(Visited 1 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です