Class: OPML Parser Class

PHP classes(http://www.phpclasses.org/)に最近登録されたOPMLパーサー。(http://www.phpclasses.org/browse/package/4026/)
アナウンスのメールを見ていたので試しに使ってみた。
このライブラリ以外に必須となるライブラリは無し。PHP標準関数を使って中で直でXMLを解析する様になっている。
使い方は非常にシンプル。

<?php
require_once('iam_opml_parser.php');
$parser = new IAM_OPML_Parser();
$parser->getFeeds("export.xml");  // export.xmlフィードリーダーが出力したOPML
print_r($parser->data);
?>

上のコードでわかる通り、パースするOPMLのソースを指定してgetFeedsというメソッドでOPMLが解釈されてインスタンスのメンバ変数に格納される。
上記のコードの実行結果は以下の通り。(メンバ変数dataのダンプ)

Array
(
[0] => Array
(
[names] => Subscriptions
[urls] =>
[targets] =>
[feeds] =>
[descriptions] =>
[created] =>
[type] =>
)
[1] => Array
(
[names] => にっき
[urls] => http://d.hatena.ne.jp/hideack/
[targets] =>
[feeds] => http://d.hatena.ne.jp/hideack/rss
[descriptions] =>
[created] =>
[type] => rss
)
[2] => Array
(
[names] => asahi.com
[urls] => http://www.asahi.com/
[targets] =>
[feeds] => http://feeds.asahi.com/asahi/TopHeadlines
[descriptions] =>
[created] =>
[type] => rss
)
)

直接、表示するためのHTMLを得たければdisplayOpmlContentsというメソッドがあるので、それを利用するとすぐにブラウザへ表示させることもできる様だ。

(Visited 1 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です