Ethna_ActionClassのメンバ変数

メンバ変数で与えられているインスタンス。やっと覚えてきました。
Ethna_ActionClassを継承したクラスではこれらのインスタンスにアクセスすることで簡単に利用することができる。
例えばDBにアクセスするためにはEthna_BackendオブジェクトのgetDB()メソッドを呼べばEthna_DBオブジェクトが取得できる


<?php
class ... extends Ethna_ActionClass
{
function perform()
{
$db = $this->backend->getDB();
}
}

以下、メンバ変数となっているインスタンスの一覧。もっとも、API見れば一発ですが。自分の頭の中に入れるためにも書いてみる。

  • $ae (Ethna_ActionErrorオブジェクト)
  • $af (Ethna_ActionFormオブジェクト)
    • フォーム操作
  • $backend (Ethna_Backendオブジェクト)
    • 今のところDBオブジェクトを取るのに使っているくらい。他にもいろいろあるのだろうけど。
  • $config (Ethna_Configオブジェクト)
    • etc/(プロジェクト名)-ini.php の $config = array(...) で設定されている内容へのアクセサ。
  • $session (Ethna_Sessionオブジェクト)
    • セッション管理
      • 開始: $this->session->start()
        • 引数与えるとそのセッションの有効秒数指定, 0だとクッキー。
      • 設定: $this->session->set(キー, 値)
      • 取得: $this->session->get(キー)
      • 終了(破棄) $this->session->destroy()
  • $i18n (Ethna_I18Nオブジェクト)
    • まだ使ったことがなかったり、そもそもi18nってなんだ?
(Visited 1 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です