きみはぼくの

本屋のレジの近くにあったので購入。

愛する人間のために必死になって生きている。
でも、それをあらためて俯瞰してみると、けっこう滑稽なこともやっていますね。
そんなときは、読みながら、くすりと笑っていただければ幸いです。
なにせ、僕は笑ってもらいたがりなので。
(まえがきより)