The Mother of All Demos

マウスを考案したダグラス・エンゲルバート博士が1968年に行ったデモが "The Mother of All Demos" と呼ばれ、リモートネットワーク、画面を共有したコラボレーション、ビデオ会議、ハイパーテキスト etc.. といった今まさに自分たちが恩恵を受けている技術をマウスを使って行ったデモンストレーションであるということを知ってどういったものだったのだろうと興味があってYouTubeで動画を探してみると見つかった。

2006年のインタビューがPC Watchに残っていていた。そこから更に10年以上過ぎて、まさかこのデモンストレーションで実施された様なコミュニケーションをリモートワークという形で多くの人が実施していくとは思わなかった。