石見焼のすり鉢の勧め – 2021年2月17日

自宅で料理をするときにすり鉢があると便利だなと思い、先日ネットショップで購入した。石見焼という島根県西部で作られる焼き物。粘土の粘り気が非常に強く高温に耐えられることからすり鉢などの硬さを求める焼き物に適しているとのことらしい。

底にシリコンが付いていて滑りにくいし、鉢につけられている櫛目がポイントの様でとてもすりやすい。この櫛目、手作業でつけられているということを知って驚いた。器自体の色も「青なまこ」という色のものを求めたのだけれども、とても素敵な色で大変気に入っている。すり鉢で白和えを作ったりしたときに器としてそのまま使ってもよい色。

あと、小さなおろし器も併せて購入した。力を入れなくても面白いくらいにすれるのでとてもお薦め。しょうがだったりにんにくが面白い様にすれる。そのまま食卓に出しても違和感ないのですりたての薬味を楽しめる。

ということで、なかなか「すり鉢買うぞ」という機会は少ないかもしれないですが、すり鉢買うぞ。という気になったときには石見焼きがお薦めですというお話でした。