徒然日記 – 汐留の蜆売り

朝に散歩する習慣がついてきて散歩中に講談の「汐留の蜆売り」を聞いた。
以前購入したCD「最後の松之丞」に収録されているのだけれども、鼠小僧次郎吉の話でたまたま船宿に売りに来た蜆売りとひょんなところから繋がるという話。切なくてよかった。聞く時間は朝よりかは夕方とか夜のほうがよいかもしれないけど。

参照