徒然日記 – 安住紳一郎の日曜天国, 川村元気「仕事。」を読む

午前中、お約束の安住紳一郎の日曜天国を聞く。今日はオープニングトークで突然赤坂のマッサージ店の店員から声をかけられる話から、パンダ命名の話まであり、盛りだくさんで笑えた。
昼ごはんに雑炊を作る。夫婦揃って体調微妙な感じなので消化の良いものを食べてしっかり体調を取り戻す。食後に飲む薬の影響かとても眠くなるので横になっていた。
目が覚めると、仕事。を読む。

印象に残ったセンテンスいくつか。

秋元康との対談の中から。

「慎重に、間違っちゃいけないと思って選んだ道でも、人間は間違えてしまうもの。だから、間違った道を行っても、戻ってくる力さえ磨いておけばいい」
川村元気.仕事。(文春文庫)(Kindleの位置No.1040-1042).文藝春秋.Kindle版.

糸井重里との対談から。

確かにネットは評論家を増やしたけど、クリエイターを減らした気もします。後からきて重箱の隅をつつく人がかっこいいということになってしまっている。
川村元気.仕事。(文春文庫)(Kindleの位置No.1373-1374).文藝春秋.Kindle版.

鈴木敏夫との対談の中から。

最近はみんな丁寧につくるから中身が時代とズレてしまう
川村元気.仕事。(文春文庫)(Kindleの位置No.1966-1967).文藝春秋.Kindle版.

丁寧に作っている間に状況が変わっていたということがない様に。

鈴木敏夫はいつもこうやって予定調和を崩し、人を楽しく働かせて、自分以外のすべての人を「当事者」にするのではないかと。
川村元気.仕事。(文春文庫)(Kindleの位置No.2057-2058).文藝春秋.Kindle版.

坂本龍一との対談の中から。

人間もそうだけど、陰がないと面白くないもんね。
川村元気.仕事。(文春文庫)(Kindleの位置No.2272).文藝春秋.Kindle版.

日が当たるところと影の部分と。一見して見える部分とその裏にある部分が魅力になるなと思う所。

勉強するってことは過去を知ることで、過去の真似をしないため、自分の独自なものをつくりたいから勉強するんですよ。本当に
川村元気.仕事。(文春文庫)(Kindleの位置No.2362-2363).文藝春秋.Kindle版.

「なんで勉強するんですか」という問いの一つの答えかもしれない。個性だとか自分だけしかできない仕事だったりとかを求める前にそれが本当にユニークなのかを知るために勉強する。

最近、再びKindleというか電子書籍で本を読む様になっていろいろ読めて嬉しい。

(Visited 1 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です