shortcut.js

JavaScriptで簡単にキーボードのショートカットを実装するためのライブラリ "shortcut.js"
シンプルで且つ激しく便利。使い方は、見ての通り。

shortcut.add("r",function() {
alert("rが押されました");
},{
'type':'keydown',
'propagate':true,
'disable_in_input':true,
'target':document
});

第1引数はショートカットの定義。"Ctrl+C"といった書き方もできます。
第2引数はショートカットが実行された場合の処理内容。
第3引数は設定用のパラメータを含めたArrayを渡す。
Arrayの詳細は

  • type:String
    • 種類は'keydown','keyup','keypress'の3通り。指定が無い場合は'keydown'となる
  • disable_in_input:Boolean
    • 入力フォームであるINPUT要素にフォーカスがあっているときにショートカットを有効にするか否かの設定。指定しないとfalse
  • target:DOM Node
    • 指定しないとdocumentが指定されます。

もっとも、おそらくページを見れば全てわかるでしょう...。
あと久しぶりに技術的なこと書いた。