2017年8月に読んだ本を振り返る


突然の小池龍之介ブームの月。

ブッダにならう 苦しまない練習から心に残ったフレーズ。

ですから、まず他人に何かを言う前に、自分がそういうことをするのをやめて、確信や説得力を持って言える自分になる必要があります。
一番良いのは、まず自分を整えてから、他人を諭すことです。
二番目に良いのは、自分が実践できていない事柄に関しては何も言わないことです。一般的には何か言った方が良いと思われがちですけれども、あえて沈黙してみる。
そして三番目に、最も賢明でないのは、自分が実践できないことを人に諭すこと。
(第2章 不機嫌な心を静める – 自己を整える) ー 98ページ

耳が痛い。

過去と未来という脳内データ処理に飲み込まれずに、今、目の前のことに集中し直しましたら、明日の心配など消えてなくなってしまう、ということなのです。
(第2章 不機嫌な心を静める – この瞬間を生きる) ー 154ページ

今を生きるってことかな。


hideackの本棚 – 2017年08月 (14作品)
AERA7/24号
AERA7/24号
AERA編集部
読了日:08月05日


powered by Booklog