キャッシュ機構 その2 – PEAR::Cache::Lite

先日は、キャッシュ機構その1 - memcached ということで、memcachedを試したのだけど、memcachedの様にメモリベースのキャッシュではなくて、ファイルベースのキャッシュ機構だと、PEARのライブラリにPEAR::Cache::Liteというのがあるので試してみる。
前回、その1と書いたのは、こちらを見つけていたから。

[補足]2009.4.2
メソッド呼び出しの結果をキャッシュする場合は、Cache_Lite_Functionというクラスがあります。
詳しくは下記をご覧ください。

PEARライブラリに登録されているライブラリなので、pearコマンドでインストールできる。
お約束通り、

% pear install pear_cache

で、OK。
まぁ、使い方はドキュメントを見れば一目瞭然なのだけど、簡単に書いてみると...。

<?php
require_once('Cache/Lite.php');
$opt = array(
'cacheDir' => '/Users/hideack/tmp2/cache/',	// Cache情報の保管先
'lifeTime' => 60,				// Cacheの有効期限(秒)
'automaticCleaningFactor' => 100,		// 有効期限切れのキャッシュの削除確率
'hashedDirectoryLevel' => 2,			// ハッシュ保管先の深さ
);
$cache = new Cache_Lite($opt);
$id = "portalpage";
if ($data = $cache->get($id)) {
//キャッシュが存在する場合は、キャッシュの内容を表示
print($data);
}else{
//キャッシュが存在しないので表示内容を作る (DBにアクセスするとかフォーマットする等重い処理をする)
$data = "PEAR::Cache::Lite demo";
print($data);
$cache->save($data);
}
?>

てな具合である。
お気楽に使えてよいです。
が、PEARのページに "This package is not maintained,..."となっているのが幾分気になるところではあります。

(Visited 3 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です