2018年7月に読んだ本を振り返る

7月は12作品。読んでいて特に記憶に残った禅とジブリから。スタジオジブリの鈴木プロデューサーと3人の禅僧の対話がまとめられた本。

7月は12作品。

読んでて特に記憶に残った 禅とジブリ から。スタジオジブリの鈴木プロデューサーと3人の禅僧の対話がまとめられた本。

「言っておいたのですが」じゃダメだと言うんです。相手が理解するまで言わなきゃ、伝えたことにならないでしょう?相手が納得するまでが「伝わる」ということだと思っています。 (p.23)

耳が痛い。

僕は、あの映画をキキとジジの対話の映画じゃないかと思っているんです。つまりは自分との対話。まだ自己を確立していないキキが自分になるプロセスを映画にしたんですね。(p.44)

こういう見方をすると魔女の宅急便もまた違った風に見える。

そしてついに立ち止まった禅師は、武蔵の周りに木の棒で円を描いた。円を描かれた武蔵は、「円を拡げてみるとそのまま世界となり、縮めてみると、自己がある」ということに気づくんです。自分は本来無一物、何も持ってない。すべての縁によって自分が成り立っているとわかったというんです。 (p.63)

宮本武蔵が禅僧に問った質問の話から。

個人的には、全ては縁であり自分だけで何かできるということは本当に無いのでひいては「みんなで幸せになろうよ」ということだと思う。


hideackの本棚 - 2018年07月 (12作品)
禅とジブリ
禅とジブリ
鈴木敏夫
読了日:07月27日


powered by Booklog