SinatraアプリをApache2のmod_proxy_balancerを通してThinで動かす(2) -mod_proxy_balancerの設定

続けて、Apache2の設定。ここでは、既にmod_proxyが入っているものとします。
フロントのApache2から複数起動しているThinのサーバに振るためにmod_proxy_balancerを入れます。
Ubuntuであれば、

$ sudo a2enmod proxy_balancer

で、mod_proxy_balancerが有効になるので、続けてconfファイルを編集。

$ sudo vi /etc/apache2/mods-available/proxy.conf

中身は以下の様な形。


ProxyRequests Off

ProxyPass /foo balancer://foo
ProxyPassReverse /api balancer://foo


BalancerMember http://127.0.0.1:4040 loadfactor=10
BalancerMember http://127.0.0.1:4041 loadfactor=10
BalancerMember http://127.0.0.1:4042 loadfactor=10
BalancerMember http://127.0.0.1:4043 loadfactor=10
BalancerMember http://127.0.0.1:4044 loadfactor=10

これで、自身のホスト内の4040番〜4044番ポートで動いているThinサーバにフォワードされる様になります。
設定を有効にするためにApacheを再起動します。

$ sudo /etc/init.d/apache2 restart

これで、apacheサーバの ~/foo にアクセスされたものがThinサーバにフォワードされます。
開発用にwebrickで動かしていたものと比べて体感的にも大分変わりました。

(Visited 1 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です