鶏と大根のさっぱり煮の作り方

近所のスーパーでおそらくクリスマスに仕入れ手羽元がさばききれなくなったのか、数が多く入っているのに安く売られていたので購入して「鶏と大根のさっぱり煮」を作った。

材料

  • 手羽元
  • 大根
  • ゆで卵
  • 調味料 (比率)
    • 酢(カップ) 1
    • 醤油と水(カップ) 0.5ずつ
    • 砂糖(大さじ) 6
  • もしあれば
    • にんにく 1かけ (調味液用)
    • 生姜 適宜 (調味液用)

作り方

手羽元によって調味料の量は変わるので浸る分だけ調味料を上の比率で鍋に入れればよい。ひとまず1カップ分を作ってみて「手羽元が浸らないな」と思ったら追加する。

  1. 調味液を手羽元が浸る分くらい作り、あればにんにくと生姜を入れて鍋を火にかけ軽く煮立てる
  2. 煮立ったら手羽元、大根、ゆで卵を入れる
  3. アルミホイルで落し蓋を作り、弱火で30分程度コトコト煮る。

かなりざっくりした作り方であるが、ほぼ失敗することなくできるのでお試しを。

調味料を混ぜて調味液を作って火にかけ煮立てるときに酢が思いの外、ツンとした匂いが上がってきますが驚くこと無く惑うこと無く作り続けることがコツです。

徒然日記

通勤の際に使う電車だったりが、まだそこまで混んでなくて今週いっぱいはお休み取られている方が多いんだろうなと思いながら出社した。

下半期を振り返る面談をしたりしながら一日があっという間にすぎる。来週から本格始動。

仕事はじめ

2018年の仕事はじめ。休み中に来ていた連絡の確認だったり過ごしているとあっという間に夕方となり、夕方からはグループの新年会に出席。だんだん毎年規模が大きくなってきている。

f:id:hideack:20180104165551j:plain

新年会の後、若者と更にお酒を呑みに行く。新年から元気もらったし、今年も頑張ろうという気持ちになった。

徒然日記 – 散歩 / EXTREME TEAMSを読む

散歩

引き続き特に予定もないので自宅でお正月を過ごす。

やっぱり都内、人が少ないんだな。普段より空いてて歩くのも楽。

EXTREME TEAMS を読む

年末から読んでいた「EXTREME TEAMS(エクストリーム・チームズ)- アップル、グーグルに続く次世代最先端企業の成功の秘訣」を読んだ。

「成果を出すこと」と「優れた人間関係が成り立つ環境を築く」 両立の極限までの追求というのがエクストリームチームの定義。読んでいて、この部分は実践少しできているなというところと足りないなと思うところと幾つか気づく点があって得ることが多かった。

年初に読んで正解だなと思えた本だった。

2017年12月に読んだ本を振り返る

なんだかんだで7作品。

退屈すれば脳はひらめく―7つのステップでスマホを手放す」、仕事上どうしても使うことが多いスマホだけれども、 この本で書かれている通り、非生産的なアプリに時間を搾取されていないかといったことを改めて考えるとたしかにバランス悪くなっているかもしれないと思うところもあったので、紹介されていたスマホ自体の利用時間やロック解除回数、利用したアプリ毎の統計がとれるアプリをインストールした。

こうした解析をするのにアプリを入れることについて多少違和感を感じるかもしれないが積極的にバランスをとるための活用に関しては本にかかれていたとおり活用することは前向きに捉えてもいいんじゃないかと自分も思う。

永遠のPL学園: 六〇年目のゲームセット」、自分の世代だと甲子園強豪校のイメージなのだけど、今現在はそうでなく、休部に追い込まれてしまった同校野球部について何がきっかけに歯車が噛み合わなくなったのかを検証された本。時代の流れだったり諸々の感性だったりの違いの積み重ねだと思うのだけれども、そこはかとなく切ない。


hideackの本棚 - 2017年12月 (7作品)
居酒屋 富美男


魂の退社
魂の退社
稲垣えみ子
読了日:12月30日


FOOD DICTIONARY 肉
FOOD DICTIONARY 肉
-
読了日:12月30日


powered by Booklog