Ubuntu 11.10にRubyをインストール

再びメモエントリ。
さくらVPS Ubuntu 11.10 を全く新しい状態で作った場合にRubyを導入する際のメモ。

$ sudo apt-get install ruby1.9.1
$ sudo apt-get install ruby1.9.1-dev
$ sudo apt-get install gem
Need to get 46.9 MB of archives.
After this operation, 131 MB of additional disk space will be used.
Do you want to continue [Y/n]?
(中略)
Setting up gs-cjk-resource (1.20100103-2) ...
Processing triggers for libc-bin ...
ldconfig deferred processing now taking place
$ sudo gem install bundle

これで最低限必要なものがインストールされる。
この状態で既存のアプリにGemfileがあれば、必要なライブラリは

% bundle install

でインストールできるので特に手間は無いはず。

nginxで指定したサブドメインへのアクセスをunicornにプロキシする設定

Apache + mod_proxy + thinの構成でSinatraアプリを動かしていたのですが、これをnginx + unicorn構成に変更しようと思った時にnginxのconfどうやって修正したかのメモ。
サーバ上で既にunicornでアプリを稼働させている状態で nginx.conf を以下の様に修正する

# (中略)
http {
# 以下の追加
upstream unicornapp {
server unix:/tmp/unicorn.sock;
}
server {
listen 80;
server_name hoge.foo.com;   # 利用するサブドメインを記載
location / {
proxy_pass http://unicornapp;
}
}
# 以下既にある設定
server {
listen       80;
}

これで、/etc/init.d/nginx restart すればよい。

意外とシンプル。
http {〜} の中に設定したいサブドメインの設定をそれぞれ server {〜} で記述していくイメージととりあえず理解。