「Titanium Mobile」で作るiphone/Androidアプリ勉強会に参加してきました。


Web CAT Studio (株式会社リクルートエージェント)主催のTitanium Mobileの勉強会に参加してきました。
200名近く参加されており、やはり注目の技術なのだなと実感しました。(7割近くがエンジニアの方, あとはディレクターやデザイナーの方)

ひと通り聴き終わっての感想は…。

  • Titanium mobile = Android & iPhoneアプリが一気にできると思ってしまうけど現実は甘くない
    • 現実はソースコードの中でOS別に実装分けたり、最初から単一の環境をターゲットにしたりしている
  • ただ、iPhoneAndroidどちらか一方をターゲットにしたアプリを作るのであっても、Titanium mobileで作るメリットは大きそう (実装スピードの面で)
    • ゴリゴリとした描画や処理が必要無いアプリ(既存のWebアプリに数字を送るとか、既存のスマホ向けの画面を引っ張ってくるとか)であれば、むしろ書きやすそう
  • 灰色ハイジさん(普段はデザイナー)がアプリを作られた経験の話を聞くと、アプリ開発者のマスが広がりそう
    • スケッチから簡単な動きのあるモックをデザイナーの方が作って、細かいイベントの呼び出しやサーバ間通信、サーバサイドの実装をするといったことができたりしないだろうか(妄想)

といった具合です。
何はともあれ面白そうなので、早速何かつくってみようかな…。

以下、雑ではありますが、参加した際に作成したメモです。

Titanium Mobile intro 増井 雄一郎さん

  • HTML5をモバイルアプリに使えるのか?
    • 進化途中。Websocketで2年半…。
    • そもそもストア, Androidマーケットに載せられない
    • Java, Objective C の学習コストもある
  • HTML5 vs Titanium ?
    • 競合はしない
      • グラフとかの描画系のところだけHTML5を使うことと使い分けができる
  • 実際に使われているの?
    • 開発者数 = 30万, 3万5000件のアプリ(=iPhone & Androidアプリ)
    • niftyのココログエディタ, サイボウズLive, amadanaケータイの組み込みアプリ
    • Cybirdのアプリ(AKBのアプリ)
    • モバゲーで公開中のゲーム (ライトゲーム, 指のジェスチャーでキャラクターを切るとか)
    • MogSnap (食べ物の写真共有)
  • モバイルアプリに大事なこと = User Experience
    • Titaniumであれば、「タブを作る」という実装はそれぞれのOSにあわせた変換が行われる
  • どこまで書けるのか?
    • 大体OSがサポートする全機能使えます
  • できないことはないのか?
    • 画面描写系は弱い (線を描画する等)
    • 写真の撮影はできるが、画像のフィルタリングは厳しい
    • シューティングゲームとか更新の激しいものは厳しい

ただし、ObjCとかJavaで拡張できる。(但し両方OSに対応する必要あり)
有償のモジュールも使える

  • Titanium → Write once run anywhereではなくて、モジュールで柔軟に対応できる
    • (モジュールで柔軟に対応できることを表したキーワードを増井さんが言われたのだけどメモできなかった…)
  • やっぱり得意なのは…
    • フロントエンド系モバイルアプリの開発
  • おすすめする本・Webサイト等の話
    • Titanium Mobileアプリ開発入門
    • Titanium Mobileで開発するiPhone/Androidアプリ
    • gihyo titanium (倉井さんの連載)
    • ti.masuidrive.jp (増井さん個人のページ)
  • ところでAppcelerator社のビジネス
    • Titanium用追加Native Module (グラフ描画とか) の販売
    • サポート
    • 認定トレーニング(12万円, 2日間)→トレーニングの最後のテストにパスするとロゴ等が利用できるらしい。

Titanium Mobileで作るアプリ事例紹介1【Zaim】 閑歳 孝子さん

  • 自己紹介(ユーザーローカル所属)
    • IT系ニュースサイトの記者からWebディレクター、そしてWebエンジニアへ
  • サービスの紹介
    • zaim(ザイム)
      • ソーシャル家計簿アプリ (半年前にリリース)
        • 簡単に入力できて他の人と比較ができる!
      • 日本語&英語対応, 20貨幣対応 (円から南アフリカの通貨まで), 8万ダウンロード
      • お金のAPIが面白そうだったのでOAuth APIも提供しています。
        • レストランに食事へ行ったときに写真を取って写真は別サービス、会計情報はzaimへ!
        • OCN家計簿は連携例
      • Android版は現在準備中…。
  • サービスのリリーススケジュール
    • 2010年末に思いつく
      • まずPHPでサーバサイドを開発→Titanium mobileでiOS対応版開発→リリース
  • なぜTitanium mobile?
    • Objective C, Javaの経験がなかった
    • 昨年2月リリースされたMogSnapがTitanium mobileで作られたことを知った
    • Titanium mobileの素晴らしいところ
      • サンプルが多い
      • Javascriptがかければよい (エンジニアではない人ももっとやるべき)
      • コミュニティがしっかりしてる (質問したら回答してもらえる環境)
  • Titaniumの注意
    • 現実問題として両対応は一筋縄にはいかない。
    • リッチなアプリは厳しい感じ (※ここは増井さんも言われていた通り、やはり
  • 実装
    • Common JS・シングルコンテキストで実装するスタイルが推奨されている(らしい)
      • Android対応アプリを作るためにはこのスタイルが必須なのでは?
      • Githubにサンプルが多く上がっているので見てみるとよい
    • CoffeeScriptのサンプルも参考になる
  • 実際のソースコード
    • 共通モジュールを読み込む → 設定 → 部品のイベント実装

問題事例集… (悩めるAndroid)

  • デザイン問題
    • Androidグラデーション効かない
    • 画面の比率がひとつじゃない
    • JSSは少し使いづらい (JSS=Titaniumが提供するスタイル設定)
      • なので独自でスタイル設定用のライブラリを作っている
  • スプラッシュ画像問題
    • iPhone, iPadは規定のサイズで済むが、Androidは比率が一定でないのでボヤケる…。
    • Andoirdは単色塗りつぶしがオススメ
  • TableView問題
    • iOS向けだとgetChildrenでテーブル内の要素にアクセスできたけど、Androidだとアクセスできない!
      • 行情報をアプリ上で保持していて、修正が発生した場合は全てテーブルを作り替える様な形で対応した…。
  • OAuthAdapter問題
    • oauth_adapter.js (1種類のOAuth providerが前提になってる)
    • 変えたものをgithubで公開しますー。 (http://github.com/unicco )
  • ボタン&タブバー&ピッカー問題
    • Android OSとiOSで全く違う
    • OS別に呼び出すオブジェクトを分けている
  • フォーカス問題
    • Androidだと親ウインドウにフォーカスが効かない…。
    • Androidだとfocus, blur が同時に発行される…。
  • 多言語対応問題
    • Androidだとうまくいかないケース多数 (スペースやカンマなどが入るとNG)
      • 多言語対応が便利なスクリプトもgithubに公開しますー。

情報源

  • github
  • 最新版ビルド

絶賛募集中

Titanium Mobileで作るアプリ事例紹介2【積ん読本】 灰色 ハイジさん

  • 開発したアプリ
    • “積ん読本”
      • 社内プロジェクトで始まったけど、時間確保が困難になる… → 自分で企画+デザイン+実装することに! (開発期間2週間くらい)
      • 買って読んでいない本を管理する (デザイナだから見やすいUIで管理したい)
  • Titaniumだと簡単にテーブルが作れた!→デザイナーでも実装できそうだと思えた
  • デザインを忠実にするために
    • Titanium標準のナビゲーションバーを使うと自分の想定した色を再現できない…。→ナビゲーションバーを自作して解決。
    • スクロール
      • 通常は上から下へだけど「積ん読」をさせるには下から上へスクロールするできるUIが欲しい
      • ScrollViewに高さ4400pxの背景画像を入れて、積ん読の画像をTable viewで重ねて .scrollTo メソッドでスクロールさせた
        • そうするとスクロールしている最中の様子がみえてしまう…
        • interval入れてスクロール状況を監視させて、スクロールが完了したら表示させる様にした。
    • アイコンの話
      • 細かいところまでこってます。
        • f:id:hideack:20120214205103p:image
        • 実は背表紙の文字にそれぞれ意味ある言葉が入れてある。アイコンだけど拡大されたときに読める様に。
        • iPhone用にアイコンを作るときには「角丸処理」重要。(Apple側で角取り処理されてもきれいな縁が出る様にしておく)
      • アイコンを作るまで…。
        • レイヤーをたくさん重ねて作ってます。
        • デザイナーがどうやってアイコンとか作ってるかを知ってもらいたかった